marcus evans > reviews > press releases
marcus evans press : Latest press releases from around our events & companies


「メイド・イン・ジャパン」復活への提言

 

インタビュー : 吉川 良三
東京大学大学院経済学研究科ものづくり経営研究センター特任研究員

 

即日発表

「日本の製造業は世界に負けたわけではない、抜かれただけです。」と語るのは東京大学大学院経済学研究科ものづくり経営研究センター、特任研究員の吉川良三氏。「その土地によって好みが違う中でその土地に溶け込むことが不可欠です。」と、同氏は続けます。今回は、マーカスエバンズが東京で開催するManufacturing Japan Summit2013に講演者としてご参加頂く吉川氏に日本の製造業の問題点と課題について伺いました。


昨今の製造業にみられる問題点と課題とは?

まず私たちはここで、「グローバリゼーション」と「インターナショナリゼーション」という言葉をしっかりと定義することが必要でしょう。以前はインターナショナリゼーション(国際化)とされていましたが、最近はグローバリゼーションと呼ぶようになりました。インターナショナリゼーションとは賃金上昇に伴い中国や、ベトナム、マレーシアといった賃金の安い国々に工場を設立し、工場のみを移行するという業態です。それに対しグローバリゼーションとは、R&Dから設計、施工まで全てを海外へ移行するとことです。前者はコスト削減のため円高に準じ輸出拠点と移行しているにすぎません。よってそこで生産された製品はその土地の地産地消にはなりえません。それでは世界に相手にされないでしょう。次にグローバリゼーションです。グローバリゼーションとは現地での合弁会社の設立などにみられるように、現地に全てを任せることで現地だけのものを作るということです。例えばインドに進出するのであれば、インドの人々が何を好んで、何を必要としているかしっかりと調査把握をし、その人々のための製品を作ることがです。その一番いい例がマクドナルドです。マクドナルドは日本にありますが、日本の子供達がアメリカのブランドだと意識をして食しているでしょうか。マクドナルドは日本の消費者のために日本の好みの商品を作っています。このようにテレビ、電気、自動車ひとつとあげましても好みが違う中でその土地に溶け込むことが不可欠です。これらの間違った「グローバリゼーション」の認識に日本の製造業の課題と問題点をみることができます。


では、それらの課題にどうやって立ち向かうことが求められますか?

日本の製造業は世界に負けたわけではない、抜かれただけです。抜かれたのであればまた抜き返せばいい。そのために早急に求められていることとは、グローバリゼーションとは何かをしっかりと認識した上で、いち早く現在のグローバリゼーションに対応できる組織能力、開発のあり方などすべてにおいて企業が真剣に考えることです。また、他国にみることのできない日本の強みに伝統をあげることができます。日本企業には伝統と組織で動くという「組織能力」があります。中国、韓国企業にみられるように技術と人はお金で買うことができます。しかし、伝統はお金で買うことはできません。そういった強みを活かすとともに、ガラパゴス化を避けるために技術の公開も必要です。

お問い合わせ:

猿渡 映有

サミット部門 マーケティングマネージャー

マーカスエバンズ

電話: +603 2773 6359

メール:press@marcusevanscy.com

詳細をご希望の方は info@marcusevanscy.com または、本イベントサイトをご参照下さい。

http://manufacturingjapansummit.com

About the Manufacturing Japan Summit 2013
 
本サミットは、2013年6月25日-26日にホテル椿山荘東京にて開催致します。構成において他のイベントと一戦を画す本サミットでは、トップ企業の製造部門責任者、厳選されたプロバイダー企業が一同に会し、洗練されたネットワークの構築の場を 提供致します。日本のものづくりリーダーの方々が直面している課題を基調 講演やプレゼンテーション並びにパネルディスカッションにて幅広く議論いたします。
 
www.manufacturingjapansummit.com
 

マーカスエバンズサミットについて
 
マーカスエバンズサミットは各業界のシニアマネジメント層向けのビジネス会議です。マーケットリーダーによるご講演やスポンサー企業とのone-to-one meetingsを通して既存課題の解決策模索や今後の戦略策定など、情報の交換・収集をして頂けます。詳細情報は
www.marcusevans.comをご覧下さい

                   
All rights reserved.

お気付きの点がございましたらpress@marcusevanscy.comまでご連絡下さい。


We welcome your comments on this article
Comments:
Company
Job title / full name:
Rating





marcus evans group news
Latest Press Releases